ABOUT


創己祭とは

 
 創己祭とは、富山大学芸術文化学部の学園祭であり、今年で32回目を迎えます。日々学んでいる学生たちの成果を、作品の展示・販売やステージ企画など、様々な形で知ってもらう場であり、学生と地域の方々との交流の場でもあります。今年は個性あふれる学生をイメージした「イロドリ。」をテーマにしました。創己祭という作品を学生たちが彩ります。

学生会から


 みなさん、こんにちは!創己祭実行委員長の高橋匠です!本日は創己祭にお越し頂き、ありがとうございます。さて、今年で32回目の開催を迎えた創己祭のテーマは「イロドリ。」です。学園祭を1つの作品と捉え、富山大学生一人一人がもつ個性や想いを色に例えています。この色というのは、日頃頑張っている成果を発表する展示企画をはじめ、芸文生がもつユニークな発想から生まれる様々な企画を、来場者の皆さんに喜んで欲しいといった気持ちの事を指しています。この学園祭という作品は、学生だけでなく、多くの企業様からの応援、富山大学の教職員からの協力を得て無事開催する事が出来ました。この場をお借りしてお礼させて頂きます。ありがとうございました!しかし、創己祭はまだまだ完成されておりません。今日お越し頂いた来場者のたくさんの笑顔で完成を迎えます!皆様の笑顔でどんどん創己祭を彩ってください!鮮やかに!印象的で濃く!そんな思い出ある創己祭になるよう、楽しんじゃいましょう!以上、創己祭実行委員長でした。